我々について

ClassDojoは、全ての教職員が素晴らしい教室を築くお手伝いをしています

ClassDojoを使用することで、私たちは、昔、先生になりたいと思った時に志したような仕事を行うことができるようになりました。 私たちは、学生と私たちの両者のために、大きな夢を持っています。 そして、今になって初めて、私はその夢が現実になるように感じています。

ステファニー・スミス、テネシー州の4年生の先生

ClassDojoの使命

教職員、保護者や学生に、素晴らしい教室を築き上げる力を与えること

ClassDojoは、世界中の子供たちの教育を変えたいと思っています。 これを速やかに達成するは、私たちは一つのシンプルな提案を持っています:全ての教室の先生、保護者、生徒を結び付け、毎日彼らと一緒にクラスにとって最善のアイディアを持ってくることです。

それは、全ての教室にあてはまる万能の型に当てはめて「理想的な」教室を作るなどということではありません。そもそも、そんな型などは存在しません。代わりに、私たちは先生、保護者、生徒が、自分たちの手で最も良い、素晴らしい教室を作るべきだと考えています。 そして、彼らにそうするための簡単で良い方法を与えると、素晴らしいことが起こると我々は信じています。

私たちは、そうすることで教育というものを変えることができると信じています。 そして、世界中の全ての先生、保護者、そして生徒が自分たちの手で素晴らしい教室を作り上げることができます。

ClassDojoとは何ですか?

ClassDojoは教室用のコミュニケーションアプリです。 それを使用する先生、保護者、生徒を結び付け、学校生活を通じての写真、ビデオ、メッセージなどを共有します。彼らはClassDojoを使用して、チームとして協力し、教室での経験を共有し、教室や家庭に大きなアイディアをもたらします。

ClassDojoはすごいです!保護者が見たいと思うような学校での出来事はたくさんあります!先生、生徒、そして保護者は、学校での時間を価値あるものにするために協力します。

ブライアナ、ワシントンの4年生のTEDxトーク

Fast facts

  • アメリカのK-8学校の90%、さらに180カ国以上で使用されています
  • 5-14歳のアメリカの子供のうち3人に1人は、ClassDojoで成長意識と思いやりについて学習しました。 ここからビデオを見る
  • 35以上の言語で翻訳、利用されています
  • チームのメンバーのうち20%が教職員としてのバックグラウンドを持っています
  • 2015年のSeries B資金調達

ClassDojoはこれまで以上に私を娘の教室とつながっているように感じさせてくれました。 私は今、本当に彼女の先生になったように感じますし、私はチームの一員です!

クラリッサ・マイルズ、テネシー州にお住いの保護者

製品の概要

教室

教室は、先生と生徒が教室の文化を築いていく場所です。彼らは創造性やチームワークなどのスキルと価値観を選択し、その進行状況のフィードバックを互いに共有します。教室は、先生と生徒が素晴らしい教室の文化を一緒に構築していくために最も適した場所です。

メッセージ

メッセージによって、先生、保護者、学校の指導者は、電話番号や連絡先の詳細を共有することなく、即座にメッセージを交換できます。メッセージは35の異なる言語に翻訳することができます。また、「休業時間」を利用することで、先生は保護者に仕事から離れている時間を知らせることができます。

ストーリー

ストーリーは、学校からの写真とビデオのストリームをすぐに更新します。全てのクラス、学校、生徒にはそれぞれのストーリーがあり、その全てが家庭の保護者と共有されます。学んだことをタイムライン、ポートフォリオごとに分類した上で、スクール・ストーリーは学校の指導者が学校とつながっている全ての家族と共有することに役立ち、クラス・ストーリーは先生がクラスとつながっている全ての家族と共有することに役立ち、学生ストーリーは生徒が自身のストーリー―自身が学んだことについて、時系列順またはポートフォリオ―を作ることに役立ちます。

オリジナルコンテンツ:大きなアイディア

ClassDojoの大きなアイディアは、生徒が重要な考えや社会的な情緒スキルを学ぶのに役立つ、オリジナルのコンテンツにアクセスするための簡単な方法を先生と保護者に提供します。 オリジナルのビデオシリーズ「成長意識」 (Stanford PERTSと提携し作成) 、「思いやり」 (ハーバードのMaking Caring Commonと提携し作成) は、アメリカの5-14歳の子供たちの3人に1人が鑑賞しました。

タイムライン

2011
  • 6月

    サムとリアム (ClassDojoの共同設立者) が、Imagine K12の創立クラスに参加するためにイギリスを離れる

  • 8月

    ClassDojoの最初のバージョンがリリースされる! 80人の学校教職員が1週間で参加

  • 9月

    5週間後、12,000人以上の教職員がClassDojoに参加

  • 10月

    10週間後、アメリカの教職員全体の1%がClassDojoに参加 (35,000人の教職員)

2012
  • 1月

    ClassDojoは国際的なアプリとなり、30ヶ国語に翻訳された

  • 4月

    ClassDojoが、学生が登録できるように機能を拡張

  • 9月

    ClassDojoが、iOSで起動できるようになる

2013
  • 2月

    ClassDojoが、Androidで起動できるようになる

  • 4月

    ClassDojoが、Series A資金調達を受け取る

2014
  • 1月

    ClassDojoが「メッセージング」機能を開始し、教室のコミュニケーションをより容易にする

  • 8月

    ClassDojoメンタープログラムが立ち上げられ、学校の垣根を越えて教職員がつながるようになる

2015
  • 2月

    ClassDojoがTechCrunch Crunchieの「最高教育分野スタートアップ賞」を受賞する

  • 9月

    クラス・ストーリーが導入される。先生が写真、ビデオ、メッセージを通じて保護者と教室での出来事を共有できるようになる。

  • 9月

    ClassDojoが「翻訳」機能を開始し、メッセージを35以上の異なる言語に翻訳できるようになる

2016
  • 1月

    ClassDojoが、スタンフォード大学のPERTS研究室と協力して、最初のオリジナルシリーズ「大きなアイディア:成長意識」を公開

  • 2月

    スクール・ストーリーが立ち上げられ、学校全体での共有型コミュニケーションが可能となる

  • 4月

    アメリカの学校の2/3がClassDojoを使用し、ClassDojoの輪が180ヶ国にまで及ぶ

  • 7月

    学生ストーリー公開:そのシンプルなポートフォリオで、生徒たちは自分の学校生活を振り返るタイムラインを作成し、家庭で共有することができるようになる

  • 10月

    「大きなアイディア」成長意識と思いやりのビデオシリーズは、アメリカで5-14歳の子供のうち3人に1人が鑑賞

今日

チームに集合する😊

  • Chris O.

    エンジニアリング
  • Jenna

    コミュニティ
  • Blake

    携帯端末
  • Lexi

    エンジニアリング
  • Paul

    携帯端末
  • Gregg

    エンジニアリング
  • Peter

    エンジニアリング
  • Amy

    製品
  • Jet

    エンジニアリング
  • Will

    エンジニアリング
  • Nick

    エンジニアリング
  • Liam

    共同創設者 & CTO
  • Stuart

    製品
  • Chris F.

    製品
  • Danielle

    事業
  • Byron

    エンジニアリング
  • Kim

    お客様の成功
  • Manoj

    マーケティング
  • Lindsay

    通信
  • Monica

    デザイン
  • JP

    デザイン
  • Ben

    研究
  • Sam

    共同創設者 & CEO
  • Urjit

    エンジニアリング

素晴らしい教室を作り上げる準備はできていますか?

ClassDojoでは、思いやり、長期的なスピード、自主性、継続的な改善と創造性といった価値観を重視しています。 私たちは、教育の改善に心を砕いている、意欲と才能のある人を歓迎します。 現在、私たちは教室がどのように機能するのかを、大きなスケールで変革しています。 これが素晴らしいこと思えるならば、私たちはあなたのお話を心より歓迎致します。