プライバシー センター

私達が教師、保護者、生徒のコミュニティーをどう保護するか、お読み下さい。

Privacy Shield Certified

ClassDojo の創設者からのお知らせ

2011年の最初の週に、私たちは80人の先生がClassDojoをクラス (誰だかおわかりでしょう!) で使用しているのを見て、非常に興奮しました。 今日、私たちは、このコミュニティが180以上の国々で数百万人の規模にまで拡大したと言う事実を冷静に受け止めています。先生、保護者、生徒たちは、至る所でClassDojoを用い、互いの関係を強化しています。 これこそが、私たちの使命の核心です。

もちろん、こうした関係には信頼が必要です。 だからこそ、全てのClassDojo製品は、プライバシーとセキュリティを最優先して設計されています。 このプライバシーセンターは、ClassDojoがお客様のプライバシーとセキュリティをどのように保護し、管理するかについて、より優れた透明性と安心感を提供することを目的としています。

私たちの試みは全て、地域社会にとって正しいことを行うという基本的な信念から来ています。そのため私たちは、教育において最も親しみやすく、最も安全で、最も透明なポリシーのいくつかを作り出しました。 私たちはあなたからどのような情報を受け取ったのか、それをどうするのか、それをどのように変更または削除するのかを明確に述べています。私たちは、広告主を含め、誰かにあなたのデータを販売したり、貸し出したりすることは決してありません。私たちは売り渡すための「記録」を作りません。そして、私たちは必要でない学生の情報は保持しません。しばらくして期限が切れると、それらは削除されます。さらに続きを読む。

私たちは、ClassDojoがあなたの生活の一部となることについて、何千万ものから信頼していただいていることを光栄に思っています。 あなたの信頼は、私たちにとって全てを意味します。 私たちは、その信頼をできる限り保つことができるよう、全力で努めていくことを約束します。


- Sam and Liam

「保護者、先生、生徒が互いに信頼関係を築くためには、明確で透明性の高いプライバシーポリシーが不可欠です。ClassDojoのプライバシーセンターは、勤勉で明晰な思考により、プライバシーの実践を理解しやすくすることが可能であることを実証しています」

Jules Polonetsky、専務理事/プライバシー会議の未来の共同議長

計画的なプライバシーの構築

FERPA準拠 (?)

ClassDojoは、学校のFERPA要件を完全にサポートしており、経験豊富なプライバシー保護団体であるiKeepSafeからFERPAシールを取得しています。
FERPAコンプライアンス入門書をダウンロードする

COPPA 準拠 (?)

ClassDojoは完全にCOPPAに準拠しています。 13歳未満のお子様は、自分のアカウントを作成する前に保護者の同意を得るか、保護者または先生が代理としてアカウントを作成してあげる必要があります (よくある筆問を見る). ClassDojoの内容は定期的に見直され、以下の遵守のために承認されます iKeepSafeのCOPPA Safe Harborプログラム.

制限情報 (?)

ClassDojoは、サービスを提供するために必要な生徒に関する最小限の情報しか収集しません:多くの場合は名前のみです。性別、社会保険番号、Eメールアドレス、住所、学生IDなどの情報を必要としたり、収集することはありません。

計画的なプライバシー (?)

ClassDojoは、計画的なプライバシーの7つの原則に従い、当社の製品開発プロセスのあらゆる段階で一流のプライバシー問題の専門家とともに取り組んでいます。 私達の のアプローチについて読む →

「ClassDojoで子供の情報を常にしっかりと管理していることはわかっています」

Tessa、カリフォルニア州在住の保護者

先生、保護者、生徒を常に管理下に置きます

あなたの情報はあなたのものです

ClassDojoは、あなたの情報を宣伝業者などを含むいかなる人物や団体にも販売したり、提供したりすることはありません。私たちはプライバシーポリシーにおいてこれを約束します。 こちら.

完全な監視と管理

先生、保護者、生徒は、プライバシーポリシーに記述されているように、いつでも自分の情報にアクセスしたり、変更したり、削除したりできます。 また、いつでもClassDojoの使用をやめることもできます。

12か月削除方針

生徒や保護者がClassDojoを使用しなくなった場合、12ヶ月後に自動的にその生徒の個人情報が削除されます。 これにより、私たちのプライバシーポリシーに書かれているように、保護者の管理下にない生徒に関する個人情報は存在しません こちら.

「ClassDojoは、私の学校、生徒、保護者にとって非常に良いものだったので、ClassDojoがこのような長期間に渡り安全性を保っているのは喜ばしいことです!」

Natalia、小学4 年生の教師

業界をリードするセキュリティ基準で、コミュニティを保護します。

ネットワーク セキュリティ (?)

ClassDojoは、全てのネットワークでSPIファイアウォール、強固な要塞ホスト、エンド・ツー・エンドの2048ビットTLS / SSL暗号化を使用し、ネットワークレベルでのセキュリティを保証します。

情報セキュリティ・ガバナンス (?)

ClassDojoは、従業員に定期的なセキュリティとプライバシーの訓練を実施し、当社のシステムへの内部アクセスに関する厳格なポリシー、アクセスコントロール、および監査を採用しています。

アプリケーションのセキュリティ (?)

ClassDojoは公開された安全なアプリケーションコーディングの実践例に従い、徹底した自動化されたテストスイート、ならびに外部の調査機関による定期的なコードのレビューとテストが含まれます。

厳格な監査 (?)

NCCグループのような世界的な企業による幅広い第三者審査によって、ClassDojoのシステムとプロトコルを常に厳密に監視しています。

我が社のプライバシー顧問


Nissen Consultingの創設者であり、プライバシーに関する全ての問題についてClassDojoに助言し、世界のプライバシーポリシーとオンラインの安全に関する指針を提供し、消費者プライバシーとオンライン安全機関の橋渡し的な役割を務めるジル氏は、ワシントンDCとシリコンバレーに勤務し、消費者プライバシー問題に広範に関わってきた経緯から、インターネット企業にとって重要なプライバシーと安全性の問題への対処に関する方針を形作ることに貢献しています。

ジル氏は以前、Ningの副社長兼最高政策責任者を務め、最近ではGigyaのCPO役員を務めました。 ジル氏はWilson Sonsini Goodrich & Rosatiのシニア・アソシエイトとして、プライバシー、知的財産権、ライセンス、商取引を重点的に扱っていました。ジル氏はその豊富な知識のために、産業界、NGO、政府から個人的に様々な会議、政府評価、および高レベルのポリシーグループ―2009年に15か月間の任期で30人の専門家の1人として任命され、 議会によって設立されたOnline Safety and Technology Working Group (OSTWG) など―に参加しました。また、ジル氏はInternational Association of Privacy Professionals (IAPP) のメンバーでもあります。

アン氏はClassDojoにプライバシー問題、特に家族関係について助言をしています。彼女はNetFamilyNews.orgの編集者であり、非営利団体Net Family News, Inc.の創設者および執行取締役であり、過去にはConnectSafely.orgの共同創設者および共同ディレクターを務めた経験もあります。

2009年から2010年にかけて、アン氏はオバマ政権のオンライン安全技術ワーキンググループの共同議長を務め、現在はFacebookの安全諮問委員会と、ロンドンとワシントンに拠点を置く家族オンライン安全機関の諮問委員会を務めています。

リサ氏は、Torkin Manesの共同経営者です。 同社はカナダに拠点を置き、彼女は技術、プライバシー、データ管理グループのリーダーを務めています。

彼女はプライバシーと情報管理の分野で活躍し、ClassDojoのカナダでのプライバシー要件についてアドバイスを行っています。

役に立つリソース

先生のための安全性に関するよくある質問と答え

ClassDojoがなぜ安全であるのかを、資料から紐解いてみましょう。

保護者のための安全性に関するよくある質問と答え

ClassDojoがなぜ安全であるのかを保護者の方に理解していただくため、この資料を紐解いてみましょう。

学校の指導者パック

ClassDojoがどのようにCOPPAに準拠し、FERPAをサポートし、強力なセキュリティ手段を実装しているのかを知る。

セキュリティ研究者ですか?

ClassDojoの安全性を保つことに尽力しているセキュリティ研究者によるコミュニティに参加してみましょう!責任開示プログラムの詳細については、 お問い合わせ をご覧ください。